2018年11月7日水曜日

京都OHBL奥田浩子のBeauty Memories     ”美容のフォーチュン”


日本の正統派エレガンススタイルの基礎を作り、
育てたファッションデザイナーが88歳で亡くなった。
その人は、
「これ見よがしなのがイヤ。大切なのはバランスとリズム感。」
と話した。

美容においてのこれ見よがしとはなんだろうと思い巡らしてみると、
塗りすぎ、付けすぎ、描きすぎ、につきると思う。
また、美容においても同じく、バランスとリズム感は大切だが、
それに強いてつけ加えるなら、肌質感も、重要であると思う。

私は少しでも時間があれば、百貨店の化粧品フロアをめぐることを
ライフワークとしているのだが、
いつもながら、女性たちが美しさを求めてメイクカウンターの前に
座っていることの多さに圧倒され、勇気づけられ、
そしてなお、挑む気持ちでいっぱいになる。

カウンター越しにビューティアドバイザーと話す様子には
国境など全くなく、
ただただ、自分の未来の美しさを求める気持が溢れている。
そんな女性たちに美容を提供するプロとして、
テクニックや知識をしっかり伝えることはもちろんだが、
他にも決して、忘れてはいけないことがある。

今は亡き、偉大なるファッションデザイナーが服作りで
最も大事にしたのは「愛を込めること。」
「生地を愛せば、生地がこうして欲しいとささやく。
偽りのない気持ちで作った服の良さは、
着る人、見る人に必ず伝わる。」
それが信条であったそうだ。
また、日本の若者に伝えたいことを尋ねると、
「トイレで手を洗ったら、次の人のために洗面台を拭く事。」
と即答されたそうだ。

私はもう、決して若者ではないのだから、
自ら次の人のために洗面台を拭くだけではなく、
「拭いてあげてね。」と、
伝えていくことをしなければならないと、強く、思う。
そして、伝えていく自分になるためには、
自分を律することが必要なのだとも。

その人に伝える何か。それを提供するには、愛がいる。
美容という仕事には、特に、手指から伝わる愛が必要だ。

35年前、私が開けたフォーチュンクッキーの中には、
心から望んでいた「美容」の文字の紙きれがはいっていた。
その紙を今もなお、胸元のポケットに入れたまま、
嬉々として、歩いていこう。
その人が望む美容のフォーチュンの歩幅にそいながら、
愛をもってこれからも、さらに歩き続けよう。

2018年8月6日月曜日

京都OHBL奥田浩子のBeauty Memories     ”優しい気配 素敵な気配”


ちょうど7年前の、初夏の頃から冬にかけての出来事であった。
毎晩自宅のリビングで一人になると、気配を感じる。
それはぞっとするような気配ではなく、なんとなくあたたかくて、
ふんわりと包まれるような気配であった。その気配は半年ほど続き、
次の年になったとたん、すうっ〜と消えてなくなった。

仕事の移動中によくあることだが、
イヤホンを耳にして終着駅になっても気がつかず
寝入っている若者に、お節介かもと思いながら
肩をたたいておこしても、恥ずかしいのか、
びっくりするのか、一度もお礼を言われたことがない。
( まっ、別にいいですけどね〜。笑ちょっと怒)
若者よ、イヤホンをはずして、気配を感じよ。
もう、起こさないよ、と思う中年オバさんの私である。

気配を感じることは、大切なことである。
気配を感じるには、静かな心を維持し、柔らかい心でいて、
音や空気の流れを感じとろうとする事であると思う。
自分の体が騒がしかったり、硬い心だったりすると、
気配を感じる事はできない。
私は、気配を感じられるような人でいたい。

今夏は地震からはじまり、豪雨に台風、熱帯夜と、
自然の猛威を感じる夏であった。
このDMを皆様のお手元にお届けする頃には、
少しでも、秋の気配を感じられるであろうか。

今秋のメイクアップのテーマは、
「Baked shy  ベイクドシャイ」
ちょっとくすんだベイクドカラーをオーヴル流にデザインして、
控えめだけれどモード感あふれるメイクをお届けします。
私の人生にかけている⁉“ヒカエメ” というキャッチフレーズを、
メイクアップで秋らしく新しく表現して、秋の素敵な気配を、
皆様に感じていただければと思っております。

7年前の出来事、
あの気配は亡き母だったのだと後になって気がついた。
寝たきりになってから9ヶ月後に母は逝ったが、
その後も半年間、気配となって私のそばにいてくれたのだ。
そして、次の年にかわる頃、
本当に安心して、旅立って逝ったのだろう。
気配を感じられるような人として、
これからも生きていきなさいよ、と、
優しく、あたたかい気配を残して。

2018年6月13日水曜日

京都OHBL奥田浩子のBeauty Memories     ”旅と青春、そして恋”

何かを探している時には、旅にでる。
といっても大げさな荷物を持っての旅ではなく、
小さくても旅にでるのだ。
いつもの通い慣れた道であっても、旅の気分になれば、
気付くことがあるはずだ。

そんな時に見つけた、とある店。
その店のそこかしこに、仕事に対する情熱や信念が感じられて、
探しているものがみつかるかもと、何度も何度も通いつめる。
カウンター越しにみる、店主の立ち居振る舞い、選ばれた器、
選ばれた食材、自身の手を見つめる厳しいまなざしや、
うってかわって、はにかんだように見送る笑顔に、
私の心は釘付けになる。
何度目かの訪れで、自分の指針を与えてもらったような気がして、
身体がすうっと軽くなった。
旅をして、求めていれば、必ずみつかる。
ビビッとくることが、きっと、ある。

そんな時私は、いつも青春を感じるのだ。
青春は若い時だけのものじゃない。
そんな青春なんて、もったいない。

今は亡き、アメリカのとある詩人が残した言葉。
青春とは、人生のひとときのことではない、
心のあり方のことなんだと。
信念は若く、疑念は老いると。

あぁ、恋していたいなぁ。
私はこれからも、青春に恋をしていたいなぁ。
青春を感じながら、人生に恋をしていたいなぁ。
青春を感じられる人と、ずっと一緒にいたいなぁ。
ともに青春をみつけた人と、仕事をしていきたいなぁ。
青春を感じてもらえるような、美容を伝えていきたいなぁ。

何かを探して旅をして、新しい青春をみつけたら、
梅雨の合間に晴れわたる青い空を、恋する気持ちで一人、見上げる。

今年もまた、新しい夏が、やってくる。
旅と青春、そして恋。
余計なものは、もう、何もいらない。

2018年2月18日日曜日

京都OHBL奥田浩子のBeauty Memories     ”吠える!「 This is Me !!~~~」”


何枚かの洋服を無造作に、ドラム缶のようなものに放り込む。
扉をしめてボタンを押すと、あっという間に明瞭会計。
「ぽいっと入れるだけで大丈夫なん?」昭和の私は疑心暗鬼。
扉を開いて備え付けの袋にいれれば、買い物完了!
洋服を大切にたたんで、袋にいれるパフォーマンスなどはもちろんないし、「よくお似合いでしたよ。」などとお世辞を聞く必要もない。
だって、周りには誰もいない。
若者をターゲットにしたファストファッションの店を娘と共に訪れたとき、「あぁ、もうレジは人間のするべき仕事ではなくなるのだなぁ。」と、痛切に感じた。
人がしなくてもいいことは、これからもどんどん増え続けていくのだなと。

今、一番憧れるのは、センサーなどで確実にごみをキャッチするだけでなく、床はもちろん、棚の整理もしながらの拭き掃除や、トイレ掃除、風呂掃除も徹底的にしてくれる、超未来型の掃除ロボットだ。
家に帰ると、いつも、きれい。
考えるだけでうっとりした気分になる。
掃除ロボットに、お土産を買ってきてしまいそう。

これからの未来はきっと、人がしなくてもいいこと、人がすべきこと、人しかできないこと、と明確にわかれていくようになるだろう。
20年ほどまえ、友人が経営する美容室では、いち早く自動洗髪器を導入していたがいつしかなくなり、いつもの手指によるシャンプーにもどっていた。
シャンプーは、やはり手指が勝るのだ。
けれども近い将来、一枚のシートを顔にはればメイクができあがるとか、ヘアスタイリングや、洋服をコーディネイトしてくれるロボットが、すぐそばにいるのかもしれない。

今春より、オーヴルオリジナルの「BB(ビューティバランス)分析」を展開していく。BB分析とは、それぞれの顔の形や特徴、体型、パーソナルカラー、イメージ、ライフスタイルから、その人に似合うファッションや、メイク、ヘアスタイルなどを提案するオーヴルオリジナルの分析法である。
今までつちかってきたことを総まとめし構築した、外見力アップにつながる最強分析法であると思っている。その人の個性というものを徹底分析して、その人のためだけのオリジナルビューティを提案できるツールにしたい。
また、分析と同じくらい重要なことは、その人から受ける温度感のあるさまざまなこと…。それをつなげていくことこそが、人にしかできない最強のことであり、その人に心地よく響く真のオリジナルビューティにつながるのではないだろうか。
その人を、最もその人らしく輝かせることができるのではないだろうか。

私たちは、他のなにものでもない。
尊いオリジナルであることに
誇りを持ってもらえるような美容道こそが、
これからの時代において私がめざし、
歩んでいく道のように思うのだ。

ずっと楽しみにしていた映画が公開された。
心を揺さぶられる言葉がある。


今年は戌年。で、ちょっと吠えてみる~。

“ This is Me !!~~~“

自信を持って、心から。

2017年11月14日火曜日

京都OHBL奥田浩子のBeauty Memories     ”リアルライヴなビューティ LOVE を”


さぁ、今日も写真をとらなくちゃ。
おしゃれな空間で素敵な仲間と、
おいしそうなスイーツ、楽しい雰囲気。
そして私は、いつだってキレイ。
本当の年齢よりもぐっと若くみえる。シワなんて全くなし。

さぁ、今日も写真をいっぱい見ておかなくちゃ。
行った事はないけれど、行ったような気がするの。
食べた事はないけれど、食べたような気がするの。
 会った事はないけれど、会ったような気がするの。
“いいね” が多いと、愛されてるような気がするの。

大好きなナポリ pizza 専門店で、面白いポップがあった。
pizza の食べ方が、記されている。
 1. 手指を清潔にしておきましょう。
ウキウキしながら待ちましょう。
2 . pizza がテーブルに運ばれてきたら、
脇目もふらず一気に食べましょう。
3. アツアツのうちに食べることが、とっても、大事。
( 撮影よりもね♥)
はい、わかりましたと、脇目もふらず一気に食べる。
アツアツの pizza を一気に食べると、
幸せな気持ちでいっぱいになる。
そんな時は、私の心に「パシャリ」。
インスタ映えよりも、心映えだ。

今の時代、インターネット上のサービスを
活用しない日はない毎日となった。
もちろん私も、仕事においては必須で、
プライベートにおいても様々なサービスを活用している。
今となっては、全くなしの生活は考えられない。

人は誰しも、自分のことをよく見せようと
思う生き物であるのには間違いない。
自分のことを 2 割増や 3 割増にして、
自分をよく見せるために自分の神話を作ってしまう。
神話は素敵で、うっとりする。
けれどもその一方で、現実は全てを物語る。
そして、現在というものは、
一瞬ですぐ過去の全てを見せる力があり、
いいも悪いも、そこには感動があるように思うのだ。

 SNS ヨ。モットワタシヲタスケテヨ。
モットワタシヲステキニミセテ。
ワカリマシタ。リョウカイデス。
OHBL デ、オタスケシマス。
ドウゾ、キガルニオコシクダサイ。

今年もあっという間に、一年が過ぎようとしています。
来年も変わらずオーヴルは、時代に乗り遅れないように
美容の情報を発信していきたいと思います。
そして、皆さんにリアルに触れて、
目を見て話して、美容の仕事を していきたいと思います。
ちょっと暑苦しい時もあるかとは思いますが ( 笑 )、
それは、どうかご勘弁を。
これからも愛を込めて、
インスタ映えも心映えもするビューティをお届けしたいと思います。
ちょっと欲張りすぎでしょうか。

素敵なクリスマスをお過ごしください。
来年も、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

2017年8月7日月曜日

京都OHBL奥田浩子のBeauty Memories     ”自分を疑え”


初めての事は楽しい。
興味のあることを学ぶことは、とても楽しい。
それができるようになると、すごく楽しい。
できたことを褒められると嬉しい。
できることで喜んでもらえると、もっと、嬉しい。

そして、私は、その人が美しく見える色を見つけること、
その人が美しく見える眉をスタイリングすること、
その人の顔をメイクアップで
輝かせることなどができるようになった。
できるようになったことをずっと続けて、
少しずつプロに近づいてきた。

けれど、まだまだ、慣れてはいけない。
なめてはいけない。
生半可な自信はいらない。
もっと自分を疑え、もっと自分を疑え。
疑いながら続けていけ。
ある偉大な演出家が、ベテランの俳優たちに怒鳴った言葉。

今年の4月から久しぶりに、10代の総勢75名の生徒たちに、
美容技術を一年をかけて指導することになった。
自分で目指した道なのに、
つまらないと横を向いてしまう若さと、
何かを探したい思いとが入り混じり、
教室は毎回、むんむんと熱い。

そんな生徒たちの中にうもれながら、
今まで何十年としてきた、
自分にとっては当たり前のようなことを、
もう一度見直して、もう一度確認して、
もう一度はじめから、美容技術を教えていく。
できるだけユーモアを交えながら、
40近い年の差を、毎回少しずつ縮めていく。
久しぶりの若者に向けての指導に、
あの演出家の言葉が頭をよぎる。

10代の生徒達と、今の私は、世代もキャリアも違うけれど、
自分を疑うことにおいては、そう、きっと、まったく同じだ。

自分を疑うという事は、
見つけられていない自分の引き出しを探していくこと、
自分の可能性を見出していくこと、
もっと自分の未来を開いていくことへの
メッセージのように思うのだ。

私には怒鳴るほどの威厳さはないけれど、
残暑厳しい8月に、
40近い年の差がある生徒にも、自分にも、
同じように喝を入れる。

もっと、自分を疑え。
 

2017年5月1日月曜日

京都OHBL奥田浩子のBeauty Memories     ”美人の条件”


「美人ですねぇ」と言われて嬉しくない人は
この世に存在しない、と、思う。

では、どんな人が美人なのか。


美しさは持って生まれた造形によって決まると

思われていることが多い。
顔立ちが美しい人や、体型のバランスがいい人など。


しかし、人の美しさは決して生まれつきの造形だけに

左右されるわけではない。
その人の持っている雰囲気や、その人がかもしだす

香りみたいなものも、美しさの一つのように思うのだ。

先日ある方が、「美人なしぐさ」という

書籍をプレゼントしてくださった。
なるほど、と、思うことばかりである。



美人は胸の位置が高く若々しい
美人は元気に歩かない
美人は足の隙間を見せない
美人はちょっとだけずるい
美人には必ず秘密がある
美人はタイミングよく笑う
美人はなごりおしくせつなく別れる  などなど。



う~ん、色気を感じる語録が多いなぁと思っていたら、
やっぱり、著者は男性であった。
美人=色気  の定義は、男性目線からみれば、当然の事だと思う。

ところで、わたしが思う美人とは、

今を感じさせる人、
生き生きして個性的で、
ちょっとユーモアがあり、
ウィットに富んでいて、

そして、時々男前になれる、
そんな人。
そして、何と言っても、

よ~く自分を知っている人である。

自分を知ることは、実は、なかなかむずかしい。
 

たとえ生まれつきの造形がいくら美しくても、
年をとればとるほど、外見の造形というものは、
その人の生き様を雄弁に語るように思うのだ。


自分を知ることが、美人の一番条件のように思うのは、

わたしだけであろうか…。

書籍の最後のほうのページに、

美人は 「しゃべるより見せる」との言葉があり、
思わず苦笑してしまった。
ご存知の方も多いと思うが、

わたしは、「しゃべる、しゃべる、しゃべる」
やっぱり、美人とはほど遠い…。

もちろん、わかってますけどね~。